ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2011/11/02(Wed) 19:56
メロスは激怒した。



嘘です、怒ってないです。全然笑顔です。





シリーズ ねちょぐしゃPが出来るまで

第二話 ~VOCALOIDってすごい!~


一瞬、時が止まったかのようでした。
あまりの出来事に、しばし唖然。

何?初音ミクって、自由に歌を歌える女の子なの!?

メルトを流したまま、今度はグーグル先生のお力をお借りました。
クリプトンのサイトを見て、VOCALOIDという単語を初めて目にする。


そこで初めて、全てを把握しました。


なるほど、初音ミクは人間の声を元に作った合成音声ソフトウェア。
パソコンで使える、音楽ソフトなのだ。

入力の仕方によって、色々な歌わせ方が出来る。特別な事をしなくても、ピアノロールに適当に打ち込んでいくだけで初音ミクはやすやすとそのメロディを具現化する。


すげ━━━━━━━wwwwww


そりゃニコニコで大騒ぎになるわけだw誰もがこぞってこの初音ミクに歌を歌わせたいと思うのは当然の流れだと思いました。

思い通りに歌わせたいと思ったのは、自分も例外では無く。
小学生の頃から作曲に興味だけはあった自分なので、何だか忘れていたそのワクワクが蘇ってきたようでした。

それからしばらくは何だかソワソワしてましたw


仲の良い友人BにもVOCALOIDの事を話してみました。
友人Bはギター経験者で音楽好きな人なので、すぐに興味を持ったようでした。
初音ミクを買ってみようか、どうしようか。そういう話を友人Aと友人Bと三人で繰り広げたりしていました。

自分はVOCALOIDの虜になってしまっていたので、早く触ってみたかったのですが、そんな自分を引き止めたのが謎のベールに包まれた、

CV02 の存在だったのでした。




つづく!(・∀・)ノ
スポンサーサイト
Category: VOCALOID

PageTop↑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。